Yerba Mate Taragüi - アルゼンティンにおけるマテの飲用
Yerba maté Taragui > 覚える > 歴史

アルゼンティンにおけるマテの飲用

Elコーヒーとか紅茶をはるかに越えて、マテはアルゼンティンで最も多く飲まれている飲料です。イエルバマテ国立研究所によると、一人当たり年間百リットルのマテが平均消費量であると報告されています。アルゼンティンの家庭の90%には、必ずマテがあります。

アルゼンティンにおけるマテの生産と商品化

アルゼンティンは世界におけるマテの最高消費者であると同時にミシオネス州とコリエンテス州の手採取を含み、世界市場の60%占める大手生産国と輸出国でもあります。市場メーカーは200ぐらいありますが、国内マテ市場の30%を占めるラス・マリアス企業(タラグイ(Taragui)主要商品メーカー)がリーダーです。(ティー・コーヒー”Tea Coffee”誌の報道による)。

上記印象高い数字のおかげで、アルゼンティン産のイエルバマテは原産称の証明書を獲得しました。同書は法的保護を確保するほかに、ある製品の品質が生産地の地理的位置と有する関係を立証する証明書でもあります。

アルゼンティンにおけるマテの風習

毎日マテを飲む(一日に何回も)習慣は庶民の社会的な階層や経済的なポジションを問わず、国内全体に届いています。アルゼンティン庶民の大半はストローで熱いマテを吸うのを好むが、パラグアイでは冷たいまま(「テレレ」)飲む傾向があります。統計によると、アルゼンティン人は、イエルバの苦味を消すために砂糖を加えることもあるという報告があります。

多くの人は、勉強の時とかテレビを見る時など一人でマテを飲みますが、友だちグループでマテを飲む(グアラニ族の遺産)のが最も一般化しています。煎れ方としては、「セバドール」と称されるマテを煎れる責任者がお湯をかけ、グループの各々にマテをまわし渡しをするのです。

文化の一側面

南アメリカのグアラニ原住民はイエルバマテの利点を始めて発見し、その後、布教宣教師によって広く使用されるようになりました。にも拘らず、アルゼンティン人の生活に永久的にマテを飲む習慣を定着させたのはガウチョです。

心地良い刺激性と消化特性や抗酸化性を含む健康上利点の多いマテであるが、アルゼンティンでは最も歴史的伝統と社会的相互作用の儀式としてマテを飲みます。文化を伝統から切り離せない一例です。

Documents